「 2012年 」一覧

39歳


自分が39歳であるという自覚はほとんどなく、今となっては地に足をつけて生きろと叱咤してくれる人もおらず・・・と考えて、世間を含めてまわりを見れば、重要なのは年齢ではないことにも気がつきます。これからもおつきあいのほど、よろしくお願いいたします。